So-net無料ブログ作成

ソニーのハンディカム:HDR-HC3の修理 [5:その他]

ギターの演奏収録に使っているソニーのハンディカム(HDR-HC3)が故障したので、修理に出しました。これは2006年製のモデルで、FullHD画質の録画が可能。

01body.jpg
SONY HDR-HC3
 


症状は、カセットを入れるスロットのふたが「カチッ」と閉まらず、開いたままになってしまう、というもの。機械的な故障の様子。

03deck800.jpg
 
 この状態でカセットを入れても内蓋が閉まらなくなりました。
 

この商品はネットで購入したもので、特に修理保障期間の延長も行なっていなかったので、ソニーの「修理品受付窓口検索」から修理を受け付けてくれる近所のお店を探してみました。

http://www.sony.jp/navi/shop/search_s.html

上記サイトで見つけた近所のソニーショップに持ち込んで、見積もりを取ってもらったところ、19,950円(税込)と連絡が来ました。最新版の新品を買うとなると6万円以上かかるので、修理をお願いすることに。


 

先週、修理が終わったと連絡が。テープを作動させる部分のユニットが全交換されていました。

 【交換部品】
 ・メカデッキASSY 故障状態:動作不安定
 ・ドラムASSY DEH-33E-R 故障状態:不良

【修理代金】
 19,950円(税込み)

【修理期間】
 2009年9月18日受付~2009年9月29日修理完了
 (注:期間中に祝日3日含む)
 

02description.jpg
 

修理伝票の一部。

  


 

ちょうど娘の運動会の数日前だったので、ぎりぎり間に合って助かりました。使ってみたところ、特に問題なく動作しました。

取り外したユニットが付いていたので、しげしげと眺めていました。かなり複雑な作りで、いかにも「ノウハウの塊」という感じのオーラを発しています。

 

02drum800.jpg
 

取り外されたカセットのユニット。

 

04head800.jpg
テープと接するドラム部。
  

今後もしばらく家族のイベントやギターの動画撮影に使っていくつもりです。

 



共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。