So-net無料ブログ作成

子どもを伸ばす コーチング・ピアノレッスン vol.1 青木理恵著 [1:演奏技術およびギター関連]

わたしは残念ながらピアノのレッスンを受けたことがありませんが、ピアノのレッスンというのは厳しい先生に指図されながら課題をこなしていく・・・というイメージがあります。ソロ・ギターを独学でやりたいと思った理由のひとつは、他人に指図されることなくマイペースで覚えられるからです。

この「コーチング・ピアノレッスン」は、ピアノの先生向けに書かれたコーチングの指導書。コーチングとは「相手の自発的な行動を促進するためのコミュニケーション技術」と著者は定義しています。

生徒や親との密なコミュニケーションをベースにして、生徒が自発的に練習を進められるよう積極的に見守るのが指導者の役割、という考え方が、豊富な具体例やシチュエーションの紹介とともに詳しく説明されており、ピアノレッスンのみならず我が家の子育てにも応用できる普遍的な技法であると感じました。

「アドラー心理学」や「マズローの欲求の5段階」といった心理学に関する項目もコラムで紹介されていますが、専門書にありがちな心理学的解説を最小限にとどめ、著者が経験したレッスンの事例を通じてコーチングのポイントが理解できます。

この本で興味深いと思った点は、「自分の優位感覚を知り、それをレッスンに活かす」という考え方。優位感覚を知ることで、学習や行動パターンの癖を理解し、先生と生徒の信頼関係をより深めることができます。

優位感覚は次の4つに分けられます。

 ① 目をよく使う人 Visual Style(ヴィジュアル・スタイル)

 ② 耳をよく使う人 Auditory Style(オーディトリー・スタイル)

 ③ 言語で考える人 Auditory Digital Style(オーディトリー・デジタル・スタイル)

 ④ 体で感じる人 Kinesthetic Style(キネステティック・スタイル)

...わたしの場合は、②と④のタイプでした。特に④の傾向が強いようです。「(装置の操作は)説明書を読むより直感でやってみたいタイプ」「指使いは番号を見るよりも何度も弾いて覚える」といった項目が自分の傾向と一致していると感じました。

 

独学の練習に行き詰っていてなかなか上達しない、という方には解決方法を考えるうえでおすすめの本です。


子どもを伸ばす コーチング・ピアノレッスン Vol.1 コーチングスキル編 青木理恵

子どもを伸ばす コーチング・ピアノレッスン Vol.1 コーチングスキル編 青木理恵

  • 作者: 青木 理恵
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 



共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。