So-net無料ブログ作成
検索選択

【動画】「Anji」をゆっくり弾いてみました [Anjiの弾き方] [6.ソロギター演奏関連]

フィンガースタイルのインストロメンタルギターが好きなアコースティックギターファンであれば誰しも一度は挑戦したいと思う曲「Anji(アンジー)」の弾き方について、動画を交えて解説。 楽譜の比較も。

サイモン&ガーファンクルのライブアルバムに収録されていたインスト曲「アンジー」の動画を先日アップしましたが、その後YouTubeにある「Anji」の動画をいろいろとチェックしていくうちに、もともと最初に覚えたサウンド・オブ・サイレンスに収録されているヴァージョンの「Anji」をきちんとコピーしていないことが気になり始めました。

そこで、初心に帰って指使いを見直してみることに。 

ひとしきり練習した後、ポールの演奏(サウンド・オブ・サイレンスに収録されている「Anji」)を半分のスピードで再生しつつ、それを合わせてギターを弾いているところを動画撮影してみました。再生速度を下げると、細かいハンマリングやプリングの音が聞き取れるようになります。

 

 

 

曲のエンディング手前の部分は、手持ちの楽譜(「アコースティック・ギター・マガジン vol.19」、「サイモン&ガーファンクル・サウンド」)の2冊ともグリス・ダウンのスライドが入っていないのですが、スピードを落として再生すると6弦7フレット(カポ2フレット=0フレット基準として表記)からグリス・ダウンしているように聴こえるので、この方法で弾いてみました。(上の動画で 4:10 のあたりです)

具体的な弾き方は、

2弦3フレット ~ 5フレットへのスライド → 1弦解放音 → 1弦解放と2弦5フレットを同時に鳴らす → 3弦7フレット → 3弦5フレット → 6弦7フレット~グリス・ダウン → 6弦解放音 

の順にしています。オレンジ色の部分が楽譜と弾き方を変えている場所になります。

 

anji01ending.jpg

サイモン&ガーファンクル・サウンドの楽譜 

  

anji02ending.jpg

アコースティック・ギター・マガジン vol.19の楽譜

 


自分がコピーにトライした高校生当時、タブ譜とにらめっこしながら音を拾ってもさっぱりアンジーの曲らしさが出てこないので、弾き方が果たして本当に正しいのかどうかが分からず、「Anjiをゆっくり弾く動画があればなぁ・・・。」と切に感じたものです。

これからコピーする方の参考になればと思い、動画をアップしてみました。

完全なコピーではありませんが、弾き方の参考にしていただければ幸いです。

 

【関連ページ】

 【動画】「Anji」の弾き方 ~『Live from New York City 1967』バージョンを中心に~

 


  

【ソロ・ギター練習方法のご紹介】

 

自分が取り入れているソロ・ギターの練習方法は、まず曲をゆっくり弾いて指使いを体に染み込ませ、次にテンポを徐々に上げていく、というやり方。

わたしの使っているMP3プレーヤーは、再生速度を遅くしたり速くしたりできます。(Cowon D2tv) スピードを50%(半分)に落として再生し、それを聴きながらゆっくり弾きながら音を拾っていきました。

play50percent_450.jpg
 再生速度 50% の設定画面 (Cowon D2tv)
  

ポールの演奏には、リズムが微妙に変わったり、右手の指を弦に叩きつけるように弾いているために、どうやって弾くのかはっきりしない部分があります。わかりにくい部分は、MP3プレーヤーで部分繰り返し再生を繰り返しながら音を探してみました。

 

D2whole_700.jpg

D2tvの外観

 

Cowon D2は画面上のバーにタッチすることで、曲の途中からの再生が簡単にできるので、ギターのコピーに便利。また、特定区間の繰り返し再生もできます。

 

anjigamen_450.jpg
  

黄緑のバーにタッチすると、曲の途中から再生可。

 

repeat_450.jpg
 

曲中の特定区間を繰り返し再生中。

 


   

【MP3プレーヤー:Cowon D2を選んだポイント】

MP3プレーヤーといえばiPodがダントツの人気ですが、音質、曲の管理、再生機能、再生時間を考慮してCowon D2を選んでみました。今は次世代機のCowon D2+(Plus)が発売されています。

 

気に入っている点

①.曲の管理が容易。これまでパソコンにコピーしたウインドウズ・メディア・プレーヤーの音楽ファイルをコピーするだけで音楽を聴けます。

folders.jpg
 
 パソコンに接続した際の画面。上が本体、
下がD2に差し込んだSDカードのフォルダ。
 
 

②.通常の外付けメモリーと同じ感覚で曲のコピーや管理ができるため、iTunesのような専用ソフトを使わずにサクサク曲の管理ができます。

 

③.音質がよい。(なお、自分はウインドウズ・メディア・プレーヤーに曲を取り込む際に、最も圧縮率が低くなるよう設定しています。) 

 

④.その他

 ・再生時間が長い。(音楽で52時間連続再生!)

 ・SDカードの増設が可能。

 ・動画が見られる。

 


   

【参考リンク】

・ Cowon D2+(Plus)

・Cowon D2tvワンセグ
COWON ワンセグマルチメディアプレーヤーD2TV-4G-BL

COWON ワンセグマルチメディアプレーヤーD2TV-4G-BL

  • 出版社/メーカー: コウォンジャパン
  • メディア: エレクトロニクス

※自分はこちらを使っていますが、最新版のD2+の方が記憶容量が大きく、かつ価格が安くなってますね。。。

 


 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。