So-net無料ブログ作成
検索選択

洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵 文・洲之内徹 [5:その他]

uzura.jpg

銀座の「現代画廊」を経営していた美術エッセイストの洲之内徹がコレクションした絵の画集。

それぞれに短文が添えられており、絵と文章がお互いを引き立てています。

音楽や絵をたしなむ身として、「はっ」とさせられる文章を拾ってみました。文章中の「絵」を「音楽」に置き換えてみると、ひとつひとつの言葉に考えさせられるものがあります。

 


 
<ノート>

どんな絵がいい絵かと訊かれて、ひと言で答えなければならないとしたら、私はこう答える。
「買えなければ盗んでも自分のものにしたくなるような絵なら、まちがいなくいい絵である」と。

写真家の土門拳さんが鳥海さんの「うずら」を画廊に売りにきたとき、私はまさにそういう気持ちになった。

 

松本俊介の世界のこの静かさと美しさは、運命に従順な物の持つ静かさと美しさではあるまいか、という考えが浮かんできたのであった。

 

所詮、絵かきは絵で物を言わなければならない。それが絵かきの宿命である。

 

わたしは常々、絵というのは生き物で、一枚の絵にはその絵の運命があると思っている。

 

絵は絵だというのが、いうならば私の絵画論の全部である。絵が自分で語りかけてくれるもの以外は、ほんとうは、私はあまり信用しない。

 

展覧会を見に行けば、大きな声を出した者が勝ちというような絵がずらりと並んでいる。この居心地の悪さ。どちらを向いても私は生きた心地がしない。どこにもこの身を託すことのできるリアリティーがない。

 

(小野幸吉の絵について) その率直さにうたれた。そして、人間が率直であることのできた時代というものがあったのだ、とつくづく思った。率直ということは美しい、いまの世の中にないのはそれなのだ。

 

売れないことは、画家にとって、決して不幸とは言えない。(・・中略・・)他人の眼が絵の中に入ってくる。心ある画家にとって、他者の眼との戦いこそ、真の戦いであろう。

 

いまの絵が概してつまらないのは、要するに、この「ね、見て、見て、」がいけないのだと思う。


(2009/6/14記)

 


 

洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵

洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。