So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒトの聴覚モデルとディーゼルの音質評価法 中島一博、佐々木克著 自動車技術 vol.60, No.4,2006  [3:音響関連]

ディーゼルエンジンの音質評価法について述べた論文。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの構造の違いに由来する音質の違いが分かり、興味深い内容でした。


<ノート>

・ディーゼル音質の特徴
 中低速回転域で騒音レベルがガソリン車より3~6dB高い。
 圧縮着火燃焼方式に由来する衝撃的な燃焼騒音。
 機械騒音が大きい。

・擬音語
日本語韓国語に次いで擬音語の数が多い。(辞書ベースで1200語以上、英語は350語。)

・音の知覚
ヒトが音を知覚するときは、その周波数情報だけでなく、その時間的な変化から強く印象を受ける。時間と周波数の両面からのアプローチが音質評価に適する。

・人の聴感の特徴
音の立ち上がりに敏感である一方で応答の抜けが遅い。(マスキングの原因)

(2009/5/22記)


自動車技術会

 http://www.jsae.or.jp/

 

 

 



共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。